斜めのスタビリンクを修正したかったが

私のJB23W 10型はモンスタースポーツのハイトアップスプリングによって車高が2cm上がっています。

そのためか本来垂直であるはずのスタビリンクが斜めになっています。

この状態ではスタビの仕事が全うできていないのではないか?
改善すべく、ショウワガレージのショートスタビリンクに交換しようとしました。

しかしポン付けという訳に行かず…助手席側はブラケットが干渉してハマらない:

純正品と見比べてみると、関節部分が3mmほど高くなっていました

JB23Wの10型に取り付ける場合は、ネジ山を3mmほどカットする必要があるようです。

金ノコで切れるようなヤワな材質ではないため直ちに加工できず、
しばらくスタビなしで乗ることにしました。

もしやスタビなしの方がいいのでは?

スタビなしで走った最初の印象は「あれ?快適だな」でした。

ジムニーはギャップに乗るとガツンという衝撃があるのですが、スタビを外したらフワッと衝撃がマイルドになりました。

前後リジットアクスルのため、ギャップに斜めに進入すると震度6強な横揺れが発生するのですが、それもマシになっている気がします。

スタビ外しても直進安定性も問題なし

直進安定性が損なわれるというのをネットで見たので、幹線道路を60km/h(メーター読み65km)で走ってみました。

全く問題ありません。

次に高速道路も一区間だけ100km/hで走ってみましたが、

スタビありの時と全く変わりません。

スタビを外したことにより、フロントサスが良く働くようになり、
乗り心地が良くなっただけで、デメリットが見当たりません

ロールがきつくなったような感じもありません。

モンスタースポーツのバネが思った以上に良かった説

私のJB23の足回りは少し弄っています:

まず、モンスタースポーツのバネは2cmアップするだけではなく、バネレートも調整されています。

純正バネソース
前:1.9kg/mm
後:2.33kg/mm

モンスタースポーツ ハイトアップスプリングソース
前:2.6kgf/mm
後:2.4kgf/mm

純正は前が柔らかいが、ハイトアップスプリングは前が硬い。
ハイトアップスプリングは純正とは異なる設計思想のバネなのです。

ショックの方は、カヤバのExcel-Gという伸び方向が純正より強化されているショックで、ジムニー特有の横揺れを抑えたい気持ちで選んだのですが、偶然にもこのバネとショックがとてもいい相性だったのです。

純正バネと比べてフロントが硬くなっているのでスタビが無くてもロールが抑えられ、伸び方向が強めなショックによってバネの揺れも押さえられ、スタビなしでちょうどいいバランスになったのかと思います。

スタビなしは良いぞ

メーカーがコストをかけて付けたものだからついていた方が良いものなのかと思っていましたが、足回りを変えている場合はその限りではないようです。

パンツをはかないくらいの気持ちでスタビを外してしまうという選択肢もありと思いました。

スタビ自体も結構な重量なのでバネ下の軽量化にもつながるでしょう。

一応断っておきますが、ここに記述したことは私の車両のセッティングにおいて、個人的な経験や感想を述べたものです。スタビを外す事が必ずしも正解であるとは限りません。