湯殿山に登ってきた

1年半ぶりに登った。

彦谷神楽が2020年3月26日に足利市指定重要文化財に登録されたそうです。

登山口

熊が出るそうです。

途中で結構急な岩場が現れました。

登る事数十分、開けてきました。

前回登った時は霧で何も見えませんでしたが、今日は東京のビル群が肉眼でも確認できました。コンデジで最大までズームするとスカイツリーも見えました。

頂上付近からの画像。中央の山が金山です。

頂上の湯殿山神社

下の駐車場から1時間で登って降りられるくらいの山です。ちょっとした運動にはちょうどいいですね。

汗びっしょりで寒くて目が覚めた

一昨日の夜、いつものように布団に入って寝ていたら、寒くて深夜2:30に目が覚めた。

首元に手を当てると、手に水滴がついた。起きてストーブを付けて暖を取りながら状況を確認した。

全身汗びっしょりだった。特に首から背中と胸が冷たい。室温は9℃なのに、なぜ汗びっしょりなのか分からない。枕もかなり濡れている。

とりあえず着替えてしばらくしてからまた布団に入った。毛布の首元が濡れてて冷たかったがその時だけは我慢した。

一体何だったんだろうか。初めての事なので正直ビビった。

ウインドウサイズ変更後に処理するjs

var timout;
window.addEventListener( ‘resize’, function(){
  clearTimeout(timeout);
  timout = setTimeout(function(){
    //処理内容
  },300);
});

「//処理内容」の所にlocation.reload();を入れるとウィンドウサイズ変更後にリロードされるが、スマホではスクロールするたびにリロードしてしまう。

スマホでウインドウサイズ変更後のリロードが不要なら、横幅を取って分岐させる。

↓PC(幅737px以上)のみウインドウサイズ変更後にリロード

var timout;
window.addEventListener( ‘resize’, function(){
  clearTimeout(timeout);
  timout = setTimeout(function(){
    if( window.innnerWidth > 736 ) { location.reload(); }
  },300);
});

JB23Wをガラスコーティングしてみた

車のコーティング剤には、耐久度順に大きく分けてワックス、ポリマー、ガラス系、ガラスがあります。安いコーティング剤は大体ガラス系以下のもので、それらは酸性雨や紫外線に弱く耐久性に劣ります。ガラスコーティング以上であれば、数年以上コーティングが維持できるので、コスパに優れています。ガラスコーティング剤と言えば、ピカピカレインが有名ですが、少々お高い。

そこで、ピカピカレインの半額以下のガラスコーティング剤を見つけました。「CarZootガラスコーティング剤」あまりにも安いのでガラス系ではないかと思い、レビュー等をよく読みましたが本当にガラスコーティング剤のようです。

[PR] 【CarZootプロ仕様】 ガラスコーティング ガラスコーティング剤 コーティング剤 車 カー用品 超撥水 脱脂シャンプー

前からガラスコーティングをしたかったので購入しました。一度施工すれば数年は持つでしょうし、傷の防止と汚れの付着防止を考えたら、洗車コストをケチれるのではないかと思いました。

中身はシャンプ、コーティング剤、スポンジ、ファイバータオル2枚、マニュアル等でした。

まずは洗車

用意するもの

  • バケツ
  • 洗車スポンジ
  • タオル
  • 散水機

付属の下地処理シャンプーをバケツに全量投入。水をバケツ一杯入れ、洗車スポンジで泡立てます。

散水機で泥やホコリを落としてから、洗車スポンジで拭いていきます。シャンプーが乾く前に散水機で良く流します。これを屋根→側面と上から下にやっていきます。

タオルで拭き取り、次に付属のファイバータオルで拭き取り、まだ水気がある場合は乾くまで待ちます。

コーティングする

ガラスコーティング剤をスポンジに適量垂らして塗っていきます。ある程度乾いたら付属の2枚目のファイバータオルでムラを拭き取ります。

塗ったところから浅い傷が消えて面白かったです。施工後は新車のようにつるつるピカピカになりました。

触った感じもガラスと同じ感覚でツルツルしています。

仕上がり

新車のようにピッカピカです。触り心地がガラスの表面のそれ。

コーティング後に鳥の糞がボンネットに弾着しましたが、ぬれタオルでスッと拭き取るだけで綺麗に落ちました。ガラスコーティングすげぇ・・・

昨日、雨が降ったのですが、ボディについた水の粒がキレイに整っていたので写真を撮ってしまいました。

コーティング前はべちゃーっと雨水がボディにへばりついていたのに、コーティング後はこんなに弾きます。

数千円でこの仕上がりは非常に満足です。

力に固執してはいけない

自分が修練している合気道は硬い稽古を重視する流派です。受けも仕手も力いっぱいで技をかけ合い、夏場は汗だくで稽古をしていました。

最初は自分はそれこそ本物の技だと思っていましたが、最近はちょっと思う事があります。おそらく師範も同じことを思っているのでしょう。最近の師範の稽古方法はもっと柔らかい強さを求めたものに変わってきています。

硬い稽古は触らずに投げるよりも良い事(掛かる人とそうでない人がいる技は技としての完成度に問題がある)だと思いますが、「力いっぱいやってこその技だ」といつまでも言っていたらそれは力に固執しているだけです。

「気の流れは三段から」と斎藤先生は言いましたが、初心者はまず硬い稽古で技の形を覚えようという意味であり、ずっと硬い稽古をしろと言っているわけではなく、その言葉には硬い稽古の上の段階があることを暗黙的に示しているのだと思います。

力いっぱいとなるとどうしても力みが生じてしまいます。例えば生卵を割らずに掴めない人はまず居ないでしょう。しかしこれを力いっぱい持てと言われたら割らずに持つことは難しい。卵を割ってしまう事が力みに相当する所だと思います。

つまりすべての技には適切な力量が存在していて、その必要な力量を越えた部分は”りきみ”であり、身体を固くしてしまったり、素早い動作の邪魔をする方向に働く力になってしまう。あるいは相手に有利に働く力にもなってしまう。

意地悪な柔術の人と組んだことがありましたが、力を入れると力はすぐに察知されます。そこを力ずくで技を掛けるのでは力と力の争いになってしまい、力はより大きい力で返されてしまします。体格差でこちらが勝る相手なら力比べで勝てるでしょうがその強さには限界があります。そこで必要なのが技であり、脱力も技の一つです。

ある程度体が使えるようになってくると力を使わない方が技がかかりやすい場合があります。それは力みが無くなり最大のパフォーマンスが発揮される領域で筋肉の制御が行われている証拠だと思います。

“Amazonの初売り”でグラフィックボードを買ったら損した

Amazonが初売りセールで最大600ポイントもらえるとのことなので、グラフィックボードを新調しました。

以前からグラフィックボードのファンのベアリングが鳴っていて家中にゴーという音が鳴り響いていたので丁度いいタイミングでした。

これが買った玄人志向GF-GTX1650D6-E4GB/DF2 14,900円のグラフィックボード。GDDR6搭載だしスペックの割に激安です。

最近のグラボってこんなにパッケージデカいのか。かれこれ6年グラボを買っていないので新鮮だった。思い返してみたら、今まで購入したグラボはどれも補助電源不要の省電力モデルばかりだった。今回の補助電源付きのフルサイズ?を買ったのは初めてだ。

やっぱり過剰包装。店に並べた時に目立つようにだろう。たしかにデカい方が強そうな感じがする。

早速PCに組み込む。ドライバーCDは付いていないようなので、NVIDIAのサイトからドライバを落とす。ドライバを落としている途中にWindows10がモニターを検出してくれて、1920×1080で出力されるようになった。一応ドライバもインストールした。

試しにフォトショを開いてみたらjpgを操作するかのように軽快に動作して感動しました。これで年々重くなっているフォトショやイラレに対応できて、仕事が捗りそうです。ただ、CPUが100%を貼りついているのでCPUもアップグレードが必要ですね。それはまた今度。AMDに乗り換えようか検討中です。

何気なくこの記事を書こうと商品ぺージを見たら、値段が13,500円に値下げされている・・・ちょっと待って、新春セールで600ポイントバックのために買ったのに、結果的にポイントを考慮しても800円の損をしてる・・・セールに飛びついちゃダメですね。勉強になりました。

このグラフィックボード、今が買い時かもしれませんよ。

追記:28,800円に値上がりしてる!?ビットコインのマイニングに需要があるのか、ハイエンドグラボをビットコインマイナーが買い占めたせいで品薄になり、ゲーマーがこれくらいのグラボを買い求めているのか・・・最近のグラボは金融商品並みに価格が上下するんですねぇ。

Site Kitが使えない?Site Kitの導入方法

Site KitとはSearch Console、Analytics、Adsense、PageSpeed Insights等を連携してWordPress管理画面からそれらの情報を見やすく表示するWordPressプラグインです。めっちゃ便利やんけ。

早速インストールしてみた。

一応Search Consoleはドメイン直下にアップしたhtmlで認証されていて使える状態だったんですが、Site Kitではmetaに認証コードが無いとダメみたいです。

Search Consoleの設定→所有権の確認からHTMLタグをコピーして

WordPressの管理画面のテーマエディタでheadタグ内に貼りつけました。テーマエディタが無効になっている場合はFTPなどを使用してローカルで編集する必要があります。

もう一度Site Kitのウィザードを起動すると所有権が確認できました。

あとはポチポチと連携するだけです。

護身術って実際役に立たないよね

色々な人がYouTube等で護身術を解説していますが、中にはこれは使えそうっていうのもありますが、ほとんどが熟練した技術を要するモノだったりします。

とある県警察が作った護身術のビデオは肘よせ以外あまり役に立ちそうにありません。

まず、小手返しは熟練していないと絶対にかかりません。手首だけでなく、肘、肩の関節までロックして腰まで響かせて倒す技です。それには立ち位置も重要で、動画のような位置でかけようとするとすぐに相手の左手で抵抗されます。一挙手一投足で崩しを入れなければ抵抗されて技にならないのです。その崩しは言葉で言い表せないし、見た目にも現れないため、稽古の中で獲得していくしかありません。武道を数年やってる人でも実戦でかけることは難しいと思います。

背後から首をがっちりと締められたら実際エスケープは難しいです。また、全ての状況においてそうですが、攻撃者は掴んだり締めたりすると同時に崩しにかかってきます。崩された状態でそれらの技が出るかと言ったら難しいでしょう。(そうなった場合の対処方法はいくつかありますが。)

実際の所、真っ先に頼りになるのは力と無意識に表れる動作です。しかしながら、力は力で返せてしまう。力量を埋めるためには技が必要になってきますが、ちょっと習った程度ではどうにもなりません。技を無意識レベルに出せるように普段から体にしみこませ、ある程度の筋力も必要です。

それ以前に、襲われる状況にならないように人通りの多い道を選んだり、イヤホンをしながら歩きスマホをしない、待ち伏せされないように定期的に移動経路を変える等、狙われない立ち回りも必要です。